『努力』を当たり前にする。

こんにちは!

接骨院ひまわりの石井です。

 

 

昨日情熱大陸を見ていて出てきた言葉が印象に残っています。

 

 

フィギュアスケーターの宮原知子さんのコーチ

【濱田美栄】さんの言葉です。

 

 

 

-周りの人に「凄い頑張ってるな」って

     思われることを当たり前にする-

 

 

 

 

言い換えれば

『当たり前に努力する』ってこと。

 

 

頑張ること・努力することは特別なことなんかじゃない。

当たり前にすべきことなんですねー

ハードル高いですよね。笑

 

 

 

 

 

そんな言葉を聞いて思い出したことが。

以前勤務していた接骨院での出来事です。

 

 

 

後輩が院長に

「やる気がないなら辞めていい」と言われました。

 

 

 

私のところに来た後輩は

『こんなに頑張っているのに認めてもらえない』と…

 

 

 

 

もしかしたら努力をしていたのかもしれませんが

 

【それが結果として出ていないこと】

 

【ゆえに第三者から見て努力しているようには見えなかった】

 

 

 

もちろんそれだけではなく「挨拶」や「生活態度」など複数重なったのですが。

 

 

 

 

 

そんな発言をした彼に私は話しました。

 

 

「私や院長が見ていないところで努力しているのかもしれない。

でも結果がこれだけ出ていないということは努力の仕方が間違っているのかもよ?

 

そして、頑張っているかどうかは自分が決めるのではなく他人が感じるものだと思う。

 

自分で『自分頑張ってます』っていうってことは『これが私の限界です』って言ってるのと同じじゃない?

周りが「まだ頑張りが足りない」って思うということは裏を返せば「君はもっと出来るはずだ」っていう期待のでは?」

 

 

 

 

なぁんて先輩ずらして話したのを覚えています。笑

その後その子がどうなったかは…ご想像にお任せします(*´з`)

 

 

 

さて、頑張りましょう

 

 

 

 

 

 

 

お読みいただきありがとうございます。

このブログが少しでもお力になれたら幸いです。

身体のこと、疑問などお気軽にお問い合わせください。

——————————————————————————————–
ボディメンテナンス
接骨院 ひまわり (旧 Relaxsalonひまわり)

住所 〒273-0005
船橋市本町6-3-23 パルテール船橋302号
TEL 047-421-0580
MAIL himawari.1128@outlook.jp
営業時間 10:00〜21:00(金15:00まで)※最終受付20:30(金14:30)
お休み 水曜日
※その他不定期に休みになることがありますので、来店前に一度お問い合わせください。