ブログ

2c_large_nejo26
2018年04月10日

肩の習慣性脱臼

こんにちは! 接骨院ひまわりの石井です☆       先日、お休みの日に急患がお見えになりました。     『普段から肩は脱臼グセあり、今日も外れた。 自分で入れなおしたが痛みが取れない』とのこと。         日曜日で病院もやっていないこともあり、私のところへ連絡が入りました。     脱臼は、 基本的に元通りにはまってしまえば痛みはなくなりますし、動きます。       痛みがあるということは ・きちんとはまっていない ・脱臼だけでなく骨折など何か他のことが併発している   いくつか可能性を考えました。         会社員なので翌日仕事に行くことを考えると 痛みのあるままにしておくのは本人は不安ですよね。         来店され状態を確認してみると…     腕が上がらない。動かすと痛い。。。 本来、骨がなければいけないところにない。   …やはりちゃんとはまっていませんでした。       整復して正しい元の位置に戻したのですぐに痛みは消え 通常通り動かせるようになりました。       世の中には結構≪脱臼グセ≫のあるかたはいるのではないでしょうか。    …

IMG_2166
2018年04月05日

正解は何か…苦悩との戦い

こんにちは! 接骨院ひまわりの石井です☆       お店の業務とは別にサッカーのトレーナーをしています。 そこでいつもぶつかる苦悩。 毎回思いますが正しい答えが分からなくなります。     その苦悩とは ケガした選手を試合に出すかどうか。。。         ◎本人の意思・希望 ◎チームの状況 ◎試合の日程 ◎ケガの状況 それぞれを加味してどうするか判断します。         【本人の意思を尊重したい】         当然それが一番なのですが、ケガの状況によってはそうさせてあげられない状況があるのも事実です。 人数が多い分、目の前に来たチャンスを逃すことはあまりに大きすぎるのです。 それは分かっていても… ん~苦しいですね。。。 自分の無力さに絶望する日々です。       選手の今を優先するのか 選手としての未来を優先するのか     治療家として当然、彼らの未来を最優先したい。 プロで活躍して欲しいし、長く続けてほしいからです。         でも、たった3年の高校生活。 チャンスは数少ないのです。       私が現役の時はケガをしても隠して走っていました。 その結果今になって影響していますが。…